アルマイト加工とは

アルマイト加工とは

アルマイトとは、アルミニウムの表面に酸化皮膜を形成し、 耐食性や耐摩耗性を向上させる処理のことです。 硝酸や希硫酸などの電解液の中で、アルミニウムの表面を陽極として電気分解することで酸化が始まりこのときできる酸化皮膜に開いた多数の孔に染料を浸透させて着色します。

着色する場合も着色しない場合も、この孔を塞いで組織を安定化させます。 電解により元のアルミ母材が酸化して表面の厚みが薄くなるものの、皮膜が形成されることでその分を補うことになります。 アルマイトは、アルミそのものの表面を酸化させたもので、メッキのように異種の金属を付着させたものとは違います。